レイク審査

レイク審査
レイクと総量規制についての説明です。

消費者金融業界の雄として知られているのが、レイクです。
かつてはほのぼのレイクとして知られておりましたが、最近ではレイクとして衣替えをしました。
この消費者金融ですが、実は他の消費者金融にはないメリットというのがあるのです。
それは、総量規制の対象外だということです。
しかしそもそも、総量規制というのは何なのでしょうか。
総量規制というのは、個人が借りられるお金の上限を定めたルールのこと。
このルールによれば、年収の3分の1を越える借り入れをすることは出来ません。
つまり、年収が600万円の人である場合、200万円を越える金額を消費者金融で借りることは出来ないというわけです。
しかし、総量規制には例外があります。
それは、銀行のローンです。
銀行には様々なローンがあります。
住宅ローンにマイカーローン、リフォームローンに教育ローン、いずれの、一度に多くの出費が見込まれる融資です。
こういったものは、総量規制の対象外となっております。

総量規制とは何か

銀行のカードローンも実は、総量規制の対象外です。
内容は消費者金融のキャッシングと大差ないのに、これが銀行のカードローンのメリットです。
その一方で、銀行のカードローンが少し申し込みにくいのが、メリットとは言えません。
しかし、そんないいとこ取りをしているところがあります。
それこそが、レイクなのです。
この消費者金融であれば、消費者金融並みの審査のゆるさは保証されています。
これが消費者金融側のメリットです。
そして実はこの消費者金融、なんと総量規制の対象外なのです。
なぜかというと、この消費者金融は完全なる新生銀行グループとなっているからです。
これが銀行側のメリットです。
他の消費者金融でも、最近では銀行と提携関係を結んでいたりしております。
しかし、あくまでも緩やかな提携関係ということで、銀行では適用外な総量規制も、この場合には対象となってしまいます。
しかし、レイクであれば、銀行グループなので総量規制の対象外です。