レイク審査

レイク審査
レイクの金利を検討しました。

消費者金融のメリットといえば、その利便性です。
様々な借り入れ方法を提供しており、返済方法も豊富です。
そして、様々なサービスも多く提供しており、無利息期間を設けたり、ポイントプログラムを実施しているところも数多いです。
しかし、実際に消費者金融を利用している方からは、金利が高いという声を聞きます。
消費者金融のビジネスモデルというのは、比較的多くの人にお金を貸して、それなりの人から返済をしてもらうというモデルです。
あまり返済率が高くないので、その分一人ひとりの利息を多くすることによって、利益を確保しようというのです。
ところが、そんな消費者金融にあって、一線を画す会社があります。
それがレイクです。
レイクといえば、消費者金融の老舗としても有名ですが、近年新生銀行グループへと衣替えをしました。
これによってレイクは、消費者金融の利便性と銀行の信頼性を両方持つ、とっても稀有な消費者金融となっているのです。

消費者金融は高金利

レイクの金利というのも、注目すべきポイントです。
他の消費者金融であっては、金利は高めです。
上限金利は18パーセントというところがほとんどですが、こと下限に関しても10パーセント近い利率を誇っております。
これだけ高い利率を設定されていると、いくら限度額が大きくてもあまりうまみは多くありません。
しかし、レイクの金利は4.5パーセントから18パーセントという利率となっております。
特筆すべきは下限の4.5パーセント。
これは、銀行のカードローン並みの利率といっても過言ではありません。
これだけの低い利率を実現できるのも、やはり銀行グループに入っていることの賜物でしょう。
銀行の看板があるからこそ、顧客も比較的優良顧客が集まってきます。
優良顧客というのは限度額も多く、低い利率でもその利息額は多くなります。
ですので、無理に高利率を設定しなくても、立派に利益は確保できるということになっているのです。
銀行グループに入ると、このようなメリットがあるのです。