レイク審査

レイク審査
銀行系のカードローンのメリットについて

キャッシングと言えば消費者金融のイメージを持っている人もいます。
そしてカードローンと言えば銀行というイメージになるのでしょうか、実際に基準はありませんし、キャッシングもカードローンも違いはあいまいですが、カードローンの近づきにくさを感じるのも事実です。
例えば銀行系のカードローンであるレイクのメリットは総量規制対象外という点です。
この総量規制対象外とは簡単には年収に関係なくお金が借りられるということです。

銀行系のカードローンのメリットとしてよくあげられるのですが、総量規制は比較的新しい法律であり簡単には「年収の3分の1以上の新たな借り入れは制限される」というものです。
何故困るのかは主婦を想像すると分かると思います。
収入がない人にとってこの法律は「主婦はお金が借りられません」と言っているようなものだからです。
そこでレイクのような銀行系カードローンが登場します。
総量規制対象外ですから収入がなくとも返済能力があればお金を借りられるのです。

総量規制対象外である

お金を借りるのですから誰にでも貸してくれるわけではありません。
先にも言ったように収入が一切ない人はお金が借りられない確率が高いです。
それは法律の問題ではなく単純に貸す側の心理からくるものです。
ですから収入がない人にとってカードローンは無条件でメリットとなるわけではなく一定の条件ではメリットとなるということを知っておく必要があります。

お金を貸す対象は収入が一定数、具体的には返済が滞りなく行われるくらいの収入がある人たちです。
公務員は審査に通りやすいというのは確かに正しいです。

ただ返済能力があれば良いのですから例えば、5万円借りて月々7千円くらいの返済が可能ならば審査が通る可能性はあります。
返済してくれればいいのですからたくさん稼いでいる必要はないのです。

もう一つのポイントが安定的に稼いでいるという点です。
返済は何か月にわたって行われますからその間も収入があることは返済能力があるかどうかを知る重要な指標です。
この二つを兼ね備えていれば総量規制対象外というメリットを享受できます。